デリヘル電話番のお仕事

元編集者がひょんなことからデリヘル店の電話番に。そこで知ったデリヘル店のいろいろなこと

*

デリヘルの電話番を始めたきっかけ

「デリヘルの電話番をしてみない?」
そんな電話がかかってきたのは、転職活動がうまくいかず雇用保険の受給期間も切れ、仕方なく居酒屋でアルバイトをしていたときだった。

そもそも僕は居酒屋でアルバイトをする前は、デリヘル情報誌やエロ本を作る出版社で編集者として働いていた。しかし会社の上層部の放漫経営、折からの出版不況などが重なり会社は倒産。30代半ばにして無職になってしまったのである。
会社都合による失職ということで雇用保険は申請後翌月から支給。半年の生活費の目処が立った僕は、次はもっと堅そうな出版社、編集社に勤めよう、その心に決め就職活動を始めた。しかし…。
出版不況、職歴はエロ系雑誌の編集のみ、そしてなにより自分の力不足。次の仕事が決まらない。あっという間に雇用保険受給の半年という期限は切れ僕はフリーターとして居酒屋で働くことになった。

しかしその居酒屋では先輩の大学生アルバイトたちが幅をきかせいた。
「太郎さん(僕の名前である)、皿洗っておいてください」
「太郎さん、ゴミ出しといて」
「オイ! 早くドリンク持って行けよ!」
もちろんそこでは僕が一番新しいからこき使われるのは仕方ない。でも働いているのは僕とあとひとりふたり。大学生アルバイトの一団は雑談したり、厨房でスマホをいじったり、店長がいないときはやりたい放題。そんな彼らの姿を横目で見ながら、それでも生活費を稼ぐため、そう割り切り日々を過ごしていた。

そんなある日、倒産した出版社の元同僚のMから電話がかかってきたのである。
「自分が今働いているデリヘル店の電話番をしてくれる人を探しているけど、やってみる?」と。

Mとそのデリヘル店のオーナーは出版社時代からの知り合い。会社倒産後、そのオーナー直々にMに「デリヘル店の手伝ってくれないか」と誘われたそうだ。
そういった経緯でデリヘル店で電話番をしていたMがオーナーから他にも知り合いで電話番できる人間は知らないか?と尋ねられ僕に電話をしてきてくれたのだ。
僕は「する!」、そう即答していた。居酒屋のアルバイトに疲弊しきっていたのだ。

それから約一年間に僕は「デリヘル電話番」としての生活が始まったのであった。
千葉市のデリヘルなら栄町が一番の繁華街です。

公開日:
最終更新日:2016/01/18