本当にお金がなくて逆援をするために――出会い系サイトの掲示板への書き込みの仕方

逆援とは、逆援助交際をしたがっている女性と知り合うには、色々な方法がありますが、やはり出会い系サイトを使うのが一番だといえるでしょう。広範にかけて、様々なタイプの異性と知り合えることが、出会い系サイトの強みです。住んでいる地域がはっきりしないと、逆援女性と知り合ったとしても、場所が遠すぎて会いにいけないなんてこともありますからね。お小遣いをもらえるとはいっても、旅費に何万円もかかって、収支がマイナスになってしまうようでは意味がありません。

さて、出会い系サイトでは、掲示板に書き込みをして女性からの連絡を待つ方法と、タダでセックスさせてくれるらしい女性に片っ端からメールをしていく方法との二つがあります。しかし、掲示板に書き込みをしている女性のところには、何十通とメールが届くので、その人が逆援をしたがっているのだとしても、自分の選ばれる可能性は非常に低いといえます。少ない回数と労力で、効率的に相手を見つけたいのなら、掲示板に書き込みをして待つ方法がおすすめです。

そのとき、我々男は、そこにどんなことを書けばよいのでしょうか。逆援助交際をやりたいと思っているのだから、そう正直に書くのがよいのでしょうか。金持ちの女性にのみラブコールを送るような内容がよいのでしょうか。結論を言ってしまうと、それらは二つとも正しくないやり方です。掲示板への書き込みの時点で、お金の話題を持ち出していては、逆援をしたがっている女性でさえ、あなたに見向きもしなくなります。

彼女らは本当に気持ちの良いセックスがしたくて、逆援をしています。お金をもらうことが第一の目的だと、その男性は必ず前戯や本番をいい加減にします。セックスを楽しもうという気がないからです。それに、金の話をする人というのは、それだけで印象が悪いです。当然、「今お金に困ってて」などと書くのも駄目です。

掲示板に書くべきは、「どんな言うことでも聞きます」といったことです。女性それぞれにある願望を僕が叶えてあげますよ、といった内容の書き込みにこそ、彼女らは強い興味を抱くのです。会う日時や場所、プレイの内容について、どんな言うことでも聞く――たとえば、「一時間ずっと同じ場所を愛撫しつづけてもいいですし、コスチュームやシチュエーションの要望にも応えます」といったことを書くのです。

逆援をしたがっている女性が欲しがるものは、なんでも言うことを聞いてくれる男性です。男を金で買って服従させるという快感も込みで、彼女らは逆援を楽しんでいるのです。短期間で結果を出すのは難しいですが、長い目でみれば、一人や二人は、あなたに興味を持って連絡をくれるはずです。数日、数週間で諦めずに、長くしぶとく続けていきましょう。そうすれば、いつか逆援助交際ができるかもしれません。

逆援できる女性は本当に実在しますが場合によってはデンジャーな外れ女性もいます。

■逆援という地雷原
男と言うのはいつまでも夢を見るものです。
風俗に通う、もしくは性行為を行うともなれば、自分の鍛えたテクニックによって思うさま相手を操り、心酔させてしまいたいもの。
しかしながら実際そんなにうまくはいかないわけで、風俗であれば相手もある程度、具体的に言うと数万円程度の価値があるレベルには演技してくれていますし、そうでない相手の性行為でもまあそれなりに空気を読んでもらっているのが通常です。
いきなり要らないことをつらつらと書かせていただきましたが、かといって夢を見過ぎたくないと言うのも大人の男としては当然の欲求です。
現実を常に的確に見つめ、その上で冷静な判断を下して生きていくのもまた一つの男の理想像、性に溺れるような生活もそう長くは続かないでしょう。
要は、大やけどしない程度に適度なバランスを保って生きていきたいと言うのが世の男性の理想です。
ここでようやくタイトルの話になりますが、逆援、つまり逆援助交際と言うのは、実際どうなのでしょうか?
自らのベッドテクニックで女性を満足させ、お金をいただく、可能なら、男冥利に尽きると言うものでしょう。
しかしながら結論を言ってしまうと、こんなものが一般に募集をかけられることはまずないので、メールなどでこういった募集を知った人は近づかないのが一番です。
とはいえ、先に述べたように男はつい夢を見てしまうものです。
そんな人の為に逆援交際の難しさをご紹介したいと思います。

■やろうと思えば無理でもない・逆援

いきなり矛盾するようですが、逆援の募集があり得ないからと言って、逆援自体が存在しない、というわけではありません。
世の中に逆援はむしろあふれかえっているレベルですが、誰もがそれを逆援と認識していないだけなのです。
ではそれが何かと言えば、ホスト、あるいはヒモと呼ばれる人たちです。
もちろんホストの人たちが性行為まで行っているとはあまり考えていませんが、最近は援助交際だって性行為なしも珍しくありません。
もう忘れられかけていますが、以前には女子高生がプロレス技をかけてくれるという事で話題になったお店もあったほどですので、つまるところ素人の男性によってお客様が性的に満足していれば逆援、という言葉は一応成り立ちます。
しかしながら、普通の男性にとってみればヒモもホストも敷居が高いと感じているのが通常でしょう。
そして、その理由は性的なテクニックうんぬんよりも、女性とのやり取り自体にあるのが普通です。
ヒモはどうだか存じませんが、少なくともホストの方々は毎日伸びるヒゲを綺麗に反り、女性の大して面白くも無い愚痴などに共感しつつ、流行の話題に加えてその女性個人の趣向に話を合わせると言う行為を毎晩のように多数の女性に行っています。
そう考えれば、ホストという職業がいかに激務かわかろうというものです。
要するに女性に認められ、しかもお金を貰うと言うのはそれだけハードルが高いという事です。
ではそれを理解したうえで逆援という商売を考えると、何せ相手の女性がお客様という事になるわけですから、要求はエスカレートしてくることは目に見えるでしょう。
加えて、世の中サディスティックな欲望を持つ女性も結構いらっしゃるので、下手をすれば金に物を言わせて罵ってくる女性もいるかもしれません。
しかしながらそれは風俗と言う世界では常識みたいなものでしょうし、そういう事に耐えられないのならば風俗は向いてないと言えます。
逆にそういう奉仕をするのが好きだとしても女性に奉仕する代償にお金を獲得できる仕事なんていくらでもありますから、わざわざ逆援という商売を選ぶことも無いでしょう。
仮にバイトの逆援だとしても、チェーンのレストランで盛り付けをしていた方がまだ精神的に安定するように思われます。

■結局結論は『やめといたほうがいい』
また、仮にヒモだとしても先に挙げたような問題はついて回ります。
男女同権と言ってはみても実際の所男であれば働かないと何かと風当りが面倒くさいのが今の日本ですし、何より女性に食わせてもらってる、というのは男として倫理的にちょっと、と思うのが大多数です。
しかしそれでもヒモ生活をしてる人はいるでしょう。
それに憧れるのであれば止めはしませんが、金持ちならともかく、貧乏人がこんな時代にそんなことをしても金銭的、社会的な苦労が多いだけでしょうし、バイト感覚でやるにしてもホスト級のクオリティを求められるのがオチです。
そもそもの話として、女性が性的に満足できなければ安めの値段で出会い系に登録するか、素人枠でアダルトビデオに出演すればいいだけであって、上手くやればいくらでもお金が入るにもかかわらず自分から金を払う女性はまずいません。
要するに、『性的に飢えた女性』というのはお金があればホストクラブに行けばいいし、お金がなければ風俗か出会い系に登録すればいい、というとても恵まれた状況なのです。
そんななか、わざわざ相手が不確実で、しかもお金を払わなければいけない逆援と言うシステムが実際にあったとしても、まず儲かりません。
何度か述べたように、男と言うのはどうしようもなく夢を見てしまうものです。
しかし逆援に関しては本物であれ詐欺であれ待っているのは結局いばらの道なので、とんでもない奇跡が起こって仮に本物だとしても、お薦めはしません。
本当かどうかわからない話に自分の個人情報を賭けるくらいなら、ビデオショップで100円払って好みの作品を探していた方が、まだマシでしょう。

お金がない、ついでにセックスもしたい。一石二鳥で逆援助してもらいたい男性へ

逆援助交際は聞いた事があるけど、その詳しい内容まではっきり分からない男性もいるかと思いますが、援助交際のようにセックスをする事だけが目的ではないのが逆援助交際の奥深い内容の一つでもあります。
逆援助交際をする女性は人妻やキャリアウーマンと呼ばれる独身女性が多いのですが、どのタイプの女性と交際するかによってその内容ももちろんかなり変わってくるので、ただ人妻が好きだからとか熟女が好きだからと言う理由で逆援相手を選ばないようにしましょう。

逆援助交際の内容として全ての相手に一致している事は金額に応じて違いがあると言うことです。給料のように毎月いくらと決めていたり、小遣い制といった感じで会うたびに数万円を渡したりといったやりとりがあります。小遣い制で会うたびに数万円貰える場合の逆援助交際の内容は、気軽に交際できると言うのが最大のメリットでもあるので、今日は何となく気乗りしないな…と男性側が思う場合には女性からの誘いを断る事もできるし、逆に急に小遣いが必要となった時などには自分から女性を誘ってみる事などもできるので自分都合で交際しやすいのが小遣い制の逆援助交際となり、また毎月いくらと決めている逆援助交際の内容となると、月に貰う金額が大きいので自分都合で断ったり誘ったりするのは基本的にルール違反となるのでいつでも女性の都合に合わせなくてはいけません。自分が仕事で疲れていても、友人と楽しくお酒を飲んでいても、恋人とデート中であったとしても逆援相手の女性から会いたいと言われれば行かなくてはいけないのです。もちろん体調が悪かったり風邪をひいていたりとどうしてもやむ終えない場合には女性も納得してくれますが、月契約をしている以上は愛人契約をしているも同然なので基本的には断る事はできません。

逆援助交際の内容については自分の生活パターンに無理のないように交際できる相手を選ぶ事がオススメで、ちょっとぐらい無理をしてでも高額が欲しいと思ってしまうとどうしても逆援助交際をする事に疲れてしまいルールを破ってしまったり、相手の女性を傷つけてしまったりと悪循環になってしまう事があるので男性はお金の事ばかりではなく自分の生活パターンに似合う相手と逆援助交際をするようにしましょう。また小遣い制の逆援助交際についてはその日限りの割り切り等と言った交際方法もあるし、もしくは飽きっぽい性格の男性においても「飽きたな…」と思ったり「面倒だな…」と思うようになればそのまま関係を終わりにする事もできたりするので優柔不断だと思う男性こそ小遣い制の逆援助交際がオススメです。月契約の逆援助交際については学生やフリーターの男性がとくにオススメで、いつでも女性の都合を聞いてあげることができたり、急に旅行に誘われたとしても自由に時間を作る事ができる点においても学生やフリーター男性の場合には月契約のできる逆援助交際がオススメとなります。

http://www.toucanboutique.com/deai-gyakuenjo/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenkou/
http://www.toucanboutique.com/gyakuen-saito/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenjodeai/
http://www.toucanboutique.com/doutei-gyakuen/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenjokousai-muryou/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenjokousai/
http://www.toucanboutique.com/kanzenmuryougyakuenjokousai/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenjo-taikendan/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenjo-saito/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenjo-deaikei/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenjokousai-muryousaito/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenjoerokousai/
http://www.toucanboutique.com/gyakuen-deai/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenjokousai-keijiban/
http://www.toucanboutique.com/muryougyakuenjo/
http://www.toucanboutique.com/gyakuensaito/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenkousaito/
http://www.toucanboutique.com/jukuonna-gyakuenjo/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenjo-keijiban/
http://www.toucanboutique.com/muryougyakuenjosaito/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenjokousaisaito/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenjo-boshuu/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenkou-saito/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenkeijiban/
http://www.toucanboutique.com/gyakuen-keijiban/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenkoukeijiban/
http://www.toucanboutique.com/gyakuen/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenjokeijiban/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenkou-keijiban/
http://www.toucanboutique.com/gyakuenjosaito/