逆援をするために――出会い系サイトの掲示板への書き込みの仕方

逆援助交際をしたがっている女性と知り合うには、色々な方法がありますが、やはり出会い系サイトを使うのが一番だといえるでしょう。広範にかけて、様々なタイプの異性と知り合えることが、出会い系サイトの強みです。住んでいる地域がはっきりしないと、逆援女性と知り合ったとしても、場所が遠すぎて会いにいけないなんてこともありますからね。お小遣いをもらえるとはいっても、旅費に何万円もかかって、収支がマイナスになってしまうようでは意味がありません。

さて、出会い系サイトでは、掲示板に書き込みをして女性からの連絡を待つ方法と、タダでセックスさせてくれるらしい女性に片っ端からメールをしていく方法との二つがあります。しかし、掲示板に書き込みをしている女性のところには、何十通とメールが届くので、その人が逆援をしたがっているのだとしても、自分の選ばれる可能性は非常に低いといえます。少ない回数と労力で、効率的に相手を見つけたいのなら、掲示板に書き込みをして待つ方法がおすすめです。

そのとき、我々男は、そこにどんなことを書けばよいのでしょうか。逆援助交際をやりたいと思っているのだから、そう正直に書くのがよいのでしょうか。金持ちの女性にのみラブコールを送るような内容がよいのでしょうか。結論を言ってしまうと、それらは二つとも正しくないやり方です。掲示板への書き込みの時点で、お金の話題を持ち出していては、逆援をしたがっている女性でさえ、あなたに見向きもしなくなります。

彼女らは本当に気持ちの良いセックスがしたくて、逆援をしています。お金をもらうことが第一の目的だと、その男性は必ず前戯や本番をいい加減にします。セックスを楽しもうという気がないからです。それに、金の話をする人というのは、それだけで印象が悪いです。当然、「今お金に困ってて」などと書くのも駄目です。

掲示板に書くべきは、「どんな言うことでも聞きます」といったことです。女性それぞれにある願望を僕が叶えてあげますよ、といった内容の書き込みにこそ、彼女らは強い興味を抱くのです。会う日時や場所、プレイの内容について、どんな言うことでも聞く――たとえば、「一時間ずっと同じ場所を愛撫しつづけてもいいですし、コスチュームやシチュエーションの要望にも応えます」といったことを書くのです。

逆援をしたがっている女性が欲しがるものは、なんでも言うことを聞いてくれる男性です。男を金で買って服従させるという快感も込みで、彼女らは逆援を楽しんでいるのです。短期間で結果を出すのは難しいですが、長い目でみれば、一人や二人は、あなたに興味を持って連絡をくれるはずです。数日、数週間で諦めずに、長くしぶとく続けていきましょう。そうすれば、いつか逆援助交際ができるかもしれません。